2012年03月04日

斉藤愛璃がプレーオフを制する!!

ニューロイン誕生!!


沖縄県にある琉球ゴルフ倶楽部にて開催された国内女子ツアー開幕戦「ダイキンオーキッドレディス」最終日。


通算10アンダーで並んだ3人によるプレーオフ。


飛ばし屋の三塚に、ツアー通算15勝の李知姫。格から言えば、斉藤愛璃は最も不利とみられた。しかも17、18番でボギーをたたき、自滅する形でプレーオフになだれ込んでいた。


1ホール目で李がバーディーを奪えず脱落。2ホール目は三塚が高麗グリーンの強い芝目に負けてパーを拾えず、パーだった実質プロ3年目の22歳にプロ初優勝が転がり込んだ。


「夢みたいです。私が優勝できるなんて」は、率直な思いだろう。


ただ、伏線はあった。プロテストに昨年合格するまで2度落ち、その間にスコアが伸び悩む「ゴルフの壁」にぶち当たっていた。


そんな時、2年前から指導を受ける桜井大輔コーチに、今の自分の技術でできるコースマネジメントの重要性を説かれた。それまでは性格も手伝い「ピンを攻める」強気なゴルフだったのが、安全にパーが拾えるメリハリを覚えた。


さらにオフのウエートトレーニングで飛距離が10~15ヤード伸び、アプローチなどのショートゲームの精度向上で「取りこぼしが少なくなった」ことが加味されて、今回の“シンデレラロード"に結びついたといえる。


ただ、プロとしては始まったばかり。「今のままでは技術を上げないと確実な優勝はできないと思う」。堅実に自らの足元を見つめ、「お客さんを盛り上げる、見ていて楽しいゴルフをしたい」と理想像を思い描いていた。


とりあえず、今日は斉藤にとって、忘れられない美酒で酔えそうだ!!


【最終結果】

優勝:斉藤愛璃(-10)※プレーオフ
2位T:三塚優子(-10)
2位T:李知姫(イ・チヒ)(-10)
4位:菊地絵理香 (-9)
5位T:全美貞(ジョン・ミジョン)(-8)
5位T:横峯さくら(-8)
5位T:飯島茜(-8)
5位T:北田瑠衣 (-8)
9位T:服部真夕 (-7)他2名

16位T:諸見里しのぶ(-5)他6名
31位T:上田桃子(-2)他4名
40位T:工藤遥加(E)他5名


http://sankei.jp.msn.com/sports/news/120304/glf12030417470002-n1.htmより引用


ツアーステージ(TOURSTAGE&BRIDGESTONE)ゴルフカタログ勝ち続けることの難しさを知っているのはオデッセイ(ODYSSEY)本能を呼び覚ませ!そして解き放て!アンダーアーマー(UNDER ARMOUR)誰もが知っているペンギンのマークのマンシングウェア(Munsingwear)
>




posted by naiagarahope at 18:05 | Comment(0) | スポーツ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。